なんかいいことないかな

不幸とは思わない。でも幸せとも思えない。器用貧乏でミーハーな毎日。

映画「三度目の殺人」重厚な法廷サスペンスだけれども、結局、みんな広瀬すずが大好きなんだ。

f:id:bean-jam:20170912142022j:plain

『重厚な法廷サスペンスだけれども、結局、みんな広瀬すずが大好きなんだ。』

 久々のブログ更新は映画感想から。福山雅治と役所広司主演の法廷サスペンス「三度目の殺人」を観てきました。

死刑と真実をテーマにした法廷サスペンス

「三度目の殺人」は2度目の強盗殺人を犯した役所広司こと三隅。すでに自白もしているし、物的証拠も挙がっているため、死刑が求刑されることは間違いない状態の中で、福山雅治演じる弁護士が、無期懲役に量刑を落とせないか、法廷戦略を駆使して戦っていくところから物語は始まります。

ただ、三隅の供述は安定せず、会う度に変わっていく。なんといっても、役所広司の安定感が抜群なので、なんかヤバいな隠してるな感は、観ている方もすぐにわかります。

キーパーソンは広瀬すず

キーパーソンとなるのは、被害者の娘役を演じる広瀬すず。

ザ・年頃の娘なので、役所広司も福山雅治も、いろんなことを彼女に重ねながら、手を差し伸べ、そしてある種、彼女に踊らされているといってもいい関係に。

斉藤由貴も好演

被害者男性の妻役で出演している斉藤由貴のダメ女っぷりも凄いです。出演時間はそれほど多くないのに、娘に依存し、嫌なことから目を背けて、嘘で塗り固めた人生なんだろうなというのが、もう溢れ出ております。現実世界でも、ご時世な話題で持ちきりなので、余計にそう感じるのかもしれません。。。

まとめ

真実とは何か、法廷で誰が裁かれているのか、司法も仕事という側面を見せつつ、闇に迫っていく、観る人に問いかける映画でしょうか。ダークな映画なので、万人受けは難しい。虚構が渦巻く中で、一番のリアリストはなんだかんだ言って、満島真之介演じる後輩弁護士なんじゃないかと。

ただ、結局、みんな(是枝裕和監督も含めて)広瀬すずが大好きなので、観終わったあとは、無性に「海街diary」が観たくなる。これも巧妙な罠なのか。 


『三度目の殺人』本予告 9月9日(土)公開