なんかいいことないかな

不幸とは思わない。でも幸せとも思えない。器用貧乏でミーハーな毎日。

映画「ナラタージュ」有村架純の恋愛回想録。雨と有村架純の足ばかりが印象に残る。

f:id:bean-jam:20171010191153j:image

『有村架純の恋愛回想録。雨と有村架純の足ばかりが印象に残る。』

さすがの劇場内女性率高し。映画「ナラタージュ」を観ました!

あらすじ

大学2年生の春。

泉(有村)のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山(松本)から、

後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。

葉山は、高校時代、孤独な泉に居場所を与え、救ってくれた教師だった。

卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を

胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。

二人の想いが重なりかけたとき、

泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。

葉山の告白を聞き、彼を忘れようと決意した泉は、

自分を想ってくれる大学生の小野(坂口)との幸せに傾きかけるが、

ある事件が起きる――。

 引用元:映画「ナラタージュ」公式サイト

不倫の恋かといえばそこまでではない

許されない恋。がテーマということで、葉山先生(松本潤)には妻がいるわけですが、泉(有村架純)が恋したのは、放火など心神喪失状態の妻で、すでに別居もして、長らく結婚生活が破綻していた男。離婚が成立していないので、結婚は無理ですが、恋する自由はあってもいいと考えると、そこまで不倫でもない。

ただ、男目線だと、葉山先生(松本潤)のズルさが際立って仕方がない。離婚してないことを隠す(離婚と言わずに別れたとだけ言う)とか、悪びれずレモンクッキーもらっちゃうとか、泉(有村架純)の気持ちも知ってて、さらに携帯番号消したり、着信拒否にできないタイプの女性だとわかってて、電話するところとか。

ダメな男たち

ナラタージュはダメな男のオンパレード。

ズルい男:松本潤(気を持たせておいて、来られると引く、ごめん。でなんでも許されると思ってる)

束縛自分勝手男:坂口健太郎(携帯チェック、付き合ってもないのに実家に連れて行く、手をついて謝れ、プレゼントした靴脱いで裸足で帰れ)

一見優しそうな男:瀬戸康史(寝落ちした女性が起きるまで待ってる、聞かれてもないのに調べごとしちゃう)

3人の中なら、瀬戸キュン一択なのでしょうが、年下で優しそうな男はリスク高いですよ。ギャンブル。結局、一番の安全牌は同級生の黒川君なんだけど、親友に牽制された挙句、がっちり確保されているという詰み具合です。

こうしてみると、泉(有村架純)は、美人なのに幸せ掴み損ねる完全なだめんず・ウォーカーと言わざるをえませんね。

柚子ちゃん

消化不良ポイントというか、ちょっと許せないのは、後輩柚子ちゃんの巻き込まれる事件は完全に蛇足だったこと。

原作未読なので、映画は原作の忠実度を選んだのかもしれませんが、泉と葉山先生と再会させるためだけのきっかけにしか使われず、他の方法でも十分に構成できただろうと思います。

雨と足

この映画のイメージは個人的には雨と足。雨はヒロインの心象を表す演出として、足は小野君(坂口健太郎)が靴職人を目指していることもあって、足を映すシーンが多く登場します。土で汚れたあしとかね。

有村架純は華奢な線の細いタイプではないので、すごく健康的な足で、それが逆に印象に残ってる。

動き出す時間

個人的はラストシーンがすべてを救ってくれた。行定勲監督らしい、前向きにさせてくれるラストだったんじゃないかと思います。あれも原作どおりなのかな?